scroll to top
海上自衛隊(第一術科学校・幹部候補生学校) 海上自衛隊(第一術科学校・幹部候補生学校)

旧海軍兵学校は、明治 21 年に東京、築地から移転して以来、海軍将校養成の基地として、若い人の憧れを集めてきました。現在では、海上自衛隊の幹部候補生学校や第一術科学校などになっています。構内にある教育参考館には、旧海軍関係の資料など 14,000 点が展示されています。特に、神風特攻隊員たちの遺書や遺品が見る人の胸を強く打ちます。

海軍兵学校時代

写真/海軍兵学校・「海軍兵学校生活」(大正2年刊)より出典

写真/海軍兵学校・「海軍兵学校生活」(大正2年刊)より出典

明治 21 年 (1888)、東京築地にあった海軍兵学校が江田島に移転し、この地において、海軍兵学校生徒の教育が開始されました。

当初生徒は表桟橋に係留された学習船「東京丸」で起居していましたが、明治 26 年 (1893) に赤レンガの生徒館が完成しました。以後、海軍兵学校は逐次拡充整備され、昭和 20 年 (1945) 12 月 1 日に閉校されるまで、57 年間にわたり、海軍士官養成の場としての歴史と伝統を築き上げました。

術科学校・幹部候補生学校時代

写真/海上自衛隊幹部候補生学校・第一術科学校

写真/海上自衛隊幹部候補生学校・第一術科学校

終戦後は、11 年間にわたり、米軍及び英連邦軍等が進駐、施設を使用しましたが、昭和 31 年 (1956) 1 月、海上自衛隊が施設を引き継ぎ、横須賀から術科学校が移転、昭和 32 年 (1957) 5 月には海上自衛隊幹部候補生学校が独立開校し、翌 33 年 4 月には、海上自衛隊第1術科学校が発足しました。

また、自衛隊生徒は、昭和 30 年 (1955)、舞鶴練習隊で「第1少年練習員」として教育が開始され、昭和 31 年術科学校が横須賀から江田島に移転すると同時に生徒教育もここ江田島で開始されました。以後、昭和 58 年 (1983) から 1 術校生徒部として現在に至っています。

歴史と伝統の施設を全天球パノラマで観る。

美しい赤レンガの海軍兵学校生徒館や、大講堂内部など、ぜひ実際におとずれたくなる貴重な建物の外観や内部などを、全天球パノラマで体感いただけます。

パノラマを観る

幹部候補生学校庁舎(旧海軍兵学校生徒館)前

幹部候補生学校庁舎(旧海軍兵学校生徒館)前

幹部候補生学校庁舎(旧海軍兵学校生徒館)内観

幹部候補生学校庁舎(旧海軍兵学校生徒館)内観

大講堂

大講堂

教育参考館前

教育参考館前

グラウンドから望む第一術科学校学生館(旧海軍兵学校西生徒館)ほか

グラウンドから望む第一術科学校学生館(旧海軍兵学校西生徒館)ほか

海上自衛隊(第一術科学校・幹部候補生学校)敷地図

海上自衛隊(第一術科学校・幹部候補生学校)敷地図

見学について

構内は見学可能です。見学時間が決まっていますので、詳しくは海上自衛隊第一術科学校ウェブサイトをご覧になるか、同校へお問い合わせください。

所在地/〒737-2195 江田島市江田島町国有無番地
お問い合わせ先/海上自衛隊第1術科学校総務課 広報係
電話/0823-42-1211 内線 2015・2016

海上自衛隊公式ウェブサイトへ 海上自衛隊・第一術科学校公式ウェブサイトへ 海上自衛隊・幹部候補生学校公式ウェブサイトへ

関連情報

関連情報はありませんでした。
さらに読み込む