scroll to top
江田島サイクリング情報 江田島サイクリング情報

Contact

  • 観光・レンタサイクルに関すること

    江田島市観光協会
    TEL (0823) 42-4871

  • サイクリングマップに関すること

    江田島市役所観光振興課
    TEL (0823) 43-1644
    kankou@city.etajima.hiroshima.jp

  • 航路に関すること

    江田島市役所企画振興課
    TEL (0823) 43-1630
    kikaku@city.etajima.hiroshima.jp

掲載されている情報に不備または変更がある場合がありますのであらかじめご了承ください。(2015年4月1日現在)

江田島の走り方 江田島の走り方

サイクリストが楽しめる島、
サイクリストが走って気持ちいい島、
安心してサイクリングを楽しめる島
そんな島を目指しています。

江田島市は広島市からフェリーで約 25 分、呉市から約 20 分の距離にある島です。

島では平地からヒルクライムまで、多彩なコースがあり、交通量、信号も少なくサイクリストたちの注目を集めています。また、LSD の練習に訪れるチームもあります。

30, 74Km の江田島定番コース

0, 74Km の江田島定番コース

かきしま海道として整備されている区間をメインに、隣接する倉橋島から広島港へ直通する切串港までの全長約 74Km のコースは、ほぼ江田島を一周。

はじめてのロングランにも最適な、切串港から三高港までの約 30Km のコースはほとんど坂もなく、安心して楽しめます。

サイリング・マップへ

トランポ、レンタサイクルでの楽しみも手軽に

トランポでの楽しみも手軽に

大切な自転車をマイカーなどで江田島へ運び込んで、江田島の中だけを自転車で走るといった楽しみ方もできるのが江田島。

各港には無料の駐車場があり、サイクリストの方などは、フェリーで渡った後でトランスポーター(トランポ)を駐車場に置き、そのままサイクリングを楽しむことができます。

旅客船・フェリーガイドへ

また、レンタサイクルをご利用いただければ、マイカーはもちろん、旅客船などで手軽に訪れたままサイクリングを楽しむこともできます。

瀬戸内の豊かな自然に恵まれた江田島市は、自転車で巡るのに最適な「サイクルアイランド」です。車や信号が少なく、海岸沿いを走ると爽快な気分を味わえます。心地よい潮風を浴びながら歴史と自然に触れてみてはどうでしょうか。

レンタサイクル情報へ

瀬戸内サイクリングロードとは?

瀬戸内サイクリングロードとは

No map cycling をお手伝いするブルーの路面標示

広島県では、サイクリストの聖地ともなっている「しまなみ海道サイクリングロード」をはじめ、「とびしま海道サイクリングロード」、「さざなみ海道サイクリングロード」、「かきしま海道サイクリングロード」の4つのサイクリングロードを整備しています。

それぞれのサイクリングロードの推奨ルートへ、推奨ルートを明示するブルーラインや距離標など路面標示等の整備を行っていて、これにより、サイクリング中のルート確認のために地図を広げるといった作業なく、軽快に「ノー・マップ・サイクリング」を楽しむことが出来ます。

広島県・瀬戸内サイクリングロードのサイトへ

無料でもらえる、サイクルーズ PASS で、
クルーズ移動が最大 50% の割引。

無料でもらえる、サイクルーズ PASS で、クルーズ移動が最大 50% の割引。

せとうちサイクルーズ PASS とは、サイクリングを目的とした観光客の皆様が、航路を利用してエリア内を周遊するための運賃割引カードです。船での瀬戸内海クルージングを楽しみながら、のんびり快適にサイクリングを楽しんでいただけます。

また、PASS の発行から 3 日以内なら、対象航路で運賃の割引以外にも、提携ショップでお得なサービスを受けることもできます。

サイクルーズ PASS へ

サイクルステーション(CS)

CS

江田島市観光協会ではサイクリストのためのレスキューサービスを行っております。

サイクルステーションでは、サイクルスタンドを完備し、簡単な工具の貸出、空気入れの装備(米/仏/英式バルブ対応)、チェーンへの注油、替チューブの販売(700 C 及びミニベロ用)、休憩場所、無料飲料水、トイレ無料利用などを行っています。今後も鋭意サービス内容の検討を行い、よりよいサービス体制にしていきます。

※チェーンへの注油、替チューブの販売については、備えていない CS もあるので注意下さい。

サイクルステーション (CS) について詳しくはこちら

サイクリングの前に

  • ●自転車は車道を左側通行してください。並走は危険なので1列になって走りましょう。また、自転車通行可能な歩道を通る場合は、歩行者優先で車道側を徐行運転しましょう。

  • ●イヤホンを両耳にして音楽を聴きながらの運転や、携帯電話を操作しながらの運転、傘を差しながらの運転など「ながら運転」はやめましょう

  • ●夜間走行やトンネル内走行の際には、必ずフロントライトと赤色尾灯(もしくは反射材)を点灯しましょう。また薄暗くなってきたら、周りに存在を気づかせるため、早めに点灯しましょう。

  • ●安全対策のため、ヘルメットは必ず装着しましょう。

  • ●島内は狭い道が多いので、出合い頭の事故を防ぐため、スピードは控えましょう。また、海岸線ではカキ殻の破片が散乱している場所があります。パンクしやすいので注意して走行してください。

  • ●その他、道路交通法に従って、サイクリングをお楽しみください。